2017年12月19日火曜日

『HARPLIMBA / ハープリンバ』レポート:2017年12月19日

前回のレポートで、
自作によるオリジナル楽器
『HARPLIMBA / ハープリンバ』(※注1)を、
『歯で噛んで』演奏した際の、

“この音楽的な心地良い振動は、聴覚に障害を持つ方にも伝わるのでは”

と感じた体験による、この楽器の可能性を『確認』する為、
東京新橋にて、2017年12月18日、
ボサノヴァギタリストとして活動している”鈴木篤”氏にお会いし、
試奏していただきました。

鈴木氏との最初の交流である、2010年。
それぞれのバンドが演奏する会場で、
自己紹介後の雑談の際、『右の耳が聞こえないので』と言い、
立ち位置を変えた鈴木氏が記憶にあったからです。

ご本人曰く、20年前から右耳の聴覚に障害があり、
(聴こえ方のレベル的には、障害者手帳取得手前の段階だそうです)
音が歪んで聞こえる為、音楽活動は困難ではあるが、
もう片方の聴力を使用して演奏しているとのことです。

『HARPLIMBA / ハープリンバ』は、
比重の大きい(硬く重い)木材を本体に使用し、
2mm厚の太いスポークを弾いて奏でる為、振動がとても強く、
人体や、布団、机等を共鳴体にして奏でると、
その共鳴物ならではの響き方で体感できる。
という音響的特徴があるので、
鈴木氏が、『歯で噛んで』演奏した際、『どう伝わるか?』を知ることは、
製作者として、とても意味のあることでした。

以下、『HARPLIMBA / ハープリンバ』を、
『歯で噛んで』試奏していただいてのご感想です。

通常の音の聞こえ方(左右の聴力によるバランス)とは『輪郭』が異なり、
『クリアーで、直に伝わる感覚』で、『大変心地良い音』であるとの
興味深い感想をいただきました。

『HARPLIMBA / ハープリンバ』試奏中の鈴木氏。
鈴木氏は、突然の依頼にもかかわらず、試奏を快く引き受けてくださいました。
ありがとうございます!

“鈴木篤”氏のFacebook→

試奏を体験していただいた後、
銀座での、ボサノヴァのライブ
(女性ヴォーカル:菊丘ひろみさん&鈴木氏によるギター)に、
パーカッションにて参加、共演させていただいたのですが、
鈴木氏のその音は、聴力の障害を感じさせない素晴らしい演奏でした!

『聴覚障害』には様々な『聴こえのレベル』があると思いますが、
そのような障害を持ちながらも『楽器』を奏でてみたい。という方に、
『HARPLIMBA / ハープリンバ』の『ヴァイブレーション』が届いたなら、
製作者冥利に尽きる体験と考えています。
今後の展開、お楽しみに!

(※注1)
『HARPLIMBA / ハープリンバ』とは...
アフリカの『KALIMBA / カリンバ』を
ベースに製作されたオリジナル楽器。
特徴は、付属のレンチにて、
『1音づつの個別によるチューニングが可能』であるということ。
奏法的には、本体に設置された金属棒を、
通常の上から下へと弾いて音を出す方法とは別に、
横からスライドさせて弾き、『ハーモニー:和音』を
『ハープ』の様な優雅なサウンドにて表現することが可能なオリジナル楽器。


HANDMADE MUSICAL INSTRUMENTS / Kohei Kanamori
【HARPLIMBA Player】Kohei Kanamori / 金森光平 (HARPLIMBA 製作者) 
【Offer】http://kaolimba.com (E-Mail : Contact Form)




2017年12月12日火曜日

『HARPLIMBA / ハープリンバ』レポート:2017年12月9日

自分の住む『静岡県焼津市』は、
大井川に航空自衛隊の静浜基地がある為、
朝7時過ぎくらいから軍用機が頻繁に飛び交い、
その騒音で起こされることが多く、
ある朝、いつものように、その騒音で起こされました。

もう少し寝ていたかったので、耳栓をし、
さらに、防音用イヤーマフを装着し、二度寝を試みました。
しかし、思ったようには寝付けず、ふと、枕元に置いていた
自作によるオリジナル楽器『HARPLIMBA / ハープリンバ』(※注1) 
の本体を『噛んで』奏でてみたところ
普段聴いている音とは別の感覚で『音=振動』を感じたのです。

ほぼ無音に近い状態でありながら、脳内に響き渡る心地良い『音=振動』
あれ!?これは、もしかしたら『聴覚障害者』にも
この『音=振動』は伝わるかもしれない。直感で、そう感じ
二度寝を諦め、Googleにて
『聴覚障害、楽器』で検索してみると、
『聴覚障害の壁越えセッション 音を振動で伝える楽器開発』
という興味深いレポートが
(↓)

発案&製作者『金箱淳一』氏にメールを送ってみると、
近日、浜松にてワークショップを行うとの案内をいただき、
当日、『HARPLIMBA / ハープリンバ』を持って伺いました。
(↓)

金箱氏の現在の研究テーマは『耳以外の感覚器で音を利く』とのことなので、
今後、『HARPLIMBA / ハープリンバ』ともリンクして展開していく。
そんな予感がしました◎

『金箱淳一』氏→Facebook
『聴覚障害』には、様々な『聴こえのレベル』があると思いますが、
そのような障害を持ちながらも『楽器』を奏でてみたい。という方に、
『HARPLIMBA / ハープリンバ』の『ヴァイブレーション』が届いたなら、
製作者冥利に尽きる体験と考えています。
今後の展開、お楽しみに!

『HARPLIMBA / ハープリンバ』を試奏中の金箱氏。
(歯ープリンバ!可能性を理解していただいて嬉しいです!)

(※注1)
『HARPLIMBA / ハープリンバ』とは...
アフリカの『KALIMBA / カリンバ』をベースに製作されたオリジナル楽器。
特徴は、付属のレンチにて、
『1音づつの個別によるチューニングが可能』であるということ。
奏法的には、本体に設置された金属棒を、
通常の上から下へと弾いて音を出す方法とは別に、
横からスライドさせて弾き、『ハーモニー:和音』を
『ハープ』の様な優雅なサウンドにて表現することが可能なオリジナル楽器。


HANDMADE MUSICAL INSTRUMENTS / Kohei Kanamori
【HARPLIMBA Player】Kohei Kanamori / 金森光平 (HARPLIMBA 製作者) 
【Offer】http://kaolimba.com (E-Mail : Contact Form)


2017年12月11日月曜日

HARPLIMBA / KOHEI KANAMORI (金森光平)

(製作:KAOLIMBA FACTORY / KOHEI KANAMORI : 金森光平)

『ハープリンバ奏法』について…

『ハープリンバ™:HARPLIMBA™』最大の特徴のひとつは、
『ハープリンバ奏法』にて得られる豊かなハーモニー (和音) にあります。
その音は『ハープ』にも似た優雅な響きです。

奏法としては、通常の上から下へのストロークではなく、
横からのストロークにて弾きます。
親指を横からスライドさせ、隣の音へと連続して弾いていけば、
ハーモニー(和音)&ハープ的サウンドを、
1回のストロークにて奏でることが可能です。

■ 11音 / Just intonation (純正律) &A=432Hz
■ 良い響きを得るには『指の爪』を必要とします。
■ 生活音の発生しない寝室等『静寂』を感じられる場所にてお楽しみください。


HANDMADE MUSICAL INSTRUMENTS / Kohei Kanamori


【HARPLIMBA Player】Kohei Kanamori / 金森光平 (HARPLIMBA 製作者) 
【Offer】http://kaolimba.com (E-Mail : Contact Form)